カテゴリー
カレンダー
2015年4月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  • 頼むべき相手の特徴

    道具や骨董品を買取してもらうにあたっては、それらを査定してもらう相手を選別するこ

  • そっくりそのまま査定

    道具や骨董品には、年代が経過している結果その価値が一見してわからないものや、簡単

店に並ぶ茶碗や食器

茶道具や骨董品は、非常に限定的な範囲において価値があると判断される製品です。買取をしてもらうことが出来る相手は沢山いますが、その相手の選別はとても大事であることは間違いありません。
一般人にはわからない製品の価値も、専門家として頼れる相手に相談をすることができれば理解してもらうことが可能です。そのためには、頼むべき相手として適切なプロの特徴を知ることが重要です。
貴重な製品である茶道具や骨董品の買取を頼むことが出来ると表する相手がたくさんいるからこそ、本当に買取を頼むべきプロの特徴を知らなければ本来の価値を引き出せないまま終わってしまうでしょう。
常々変動する製品価値を常に把握して、冷静かつ客観的な判断を下せるプロに査定を依頼することが、茶道具や骨董品を扱ってもらうにあたっては欠かすことができません。

■豚に真珠、猫に小判で終わらせない
茶道具や骨董品を取り扱っている業者と、素人の違いは豚に真珠、猫に小判と表すことができるでしょう。一般人の視点から見れば、茶道のための道具も、歴史あるアンティーク製品も、現代に存在する製品と比較されて無価値なものと判断されてしまいます。
そして、そこで発生する大きな問題として、家族から受け継いだ資産としての茶道具や骨董品の存在価値を知らない人に製品が渡ってしまうということです。
どんなに価値が有るものであっても、その価値を知らない人にわたってしまえば無価値なものになってしまいかねません。ですから、古めかしいものだからと安易に廃棄する可能性もあるでしょう。
ですが、実際に廃棄する前にまずは一旦、茶道具や骨董品などの買取を扱っている専門業者に相談をしてみるのが非常に有意義です。
自分で価値が有るのかどうかわからないもの、価値がありそうだけれども本当に価値が有るのかわからないもの、そういったものの価値を最新の価値観で査定してもらうことができます。
ですから、まずは一度買取を扱っているプロに相談をしてみるのが良いです。捨てるよりも、または家でそのまま眠らせているよりも、買取に出して製品を求める人へ行き渡るようにすることができるほうが、お互いのためになります。
豚に真珠、ネコに小判で終わらせないためにも、専門家に相談をしてお金に変えることができる選択肢を利用することはとても大切なことであるといえます。

オススメリンク

頼むべき相手の特徴

茶道具や骨董品を買取してもらうにあたっては、それらを査定して…Read more

そっくりそのまま査定

茶道具や骨董品には、年代が経過している結果その価値が一見して…Read more

関連リンク